あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を使わない治療を目指す福岡博多のクリニックです。息育 足育二つのソクイク。あいうべ体操(口呼吸改善)、ひろのば体操(足指体操)。

あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を止めるということ

最近、患者さん方から聞かれることが多かった話題を一つ。

うつ病やうつ状態、パニック障害などが一般的な病名として認知されてきたのはとてもいいことだと思うのですが、反面何でもかんでも”うつ”や”うつ状態”にされすぎる嫌いがあります。

パキシルやルボックスといったSSRIという副作用の少ない抗うつ薬が発売されたことも後押しして、抗うつ薬市場は急拡大しました。

私もよく使う薬の一つではあるのですが、とても良い効果が出る人もいます。

でも、最低半年間くらいは飲み続けることが必要なため(再発率高し)、止め時が難しい薬でもあります。

特にパキシルは、セロトニン症候群といって、止めるときに動悸や火照りといった離脱症状が出来るときがあります。

ずっと飲み続けるのは怖いので、自己判断で中止したときなど、離脱症状にビックリして止められなくなったという方もいます。

問題なのは、一回こういう薬が処方されてしまうと、いつ止めるのかがあまり話題にならないことです。症状が落ち着いてくれば、受診は頻回でなくてもいいのですから、長期間の薬を処方されるという受診を重ねることになります。

「もうカウンセリングは必要ないので、止めたいのですが」

知人が、主治医にこう告げたそうです。長年鬱の薬を飲んでいるけれども、症状が改善しても、薬は減らない、むしろ増えていくばかり。カウンセリングといっても世間話をするだけで、お友達とおしゃべりしていた方がいい。でも、先生からは薬を減らしましょうとも、これからの治療はこうしましょうともお話がない。結局はいつもの薬を貰って終わり。

これじゃなんのために治療を受けているのか分かりませんね。

「じゃ、次からカウンセリングはなしにしましょう」

主治医からは、すぐにこう答えが返ってきたそうです。

「あなたにはまだ必要ですよ」とかならまだ分かりますが、これならば治療の主導権は誰にあるのか分かりません。

「止めたいのですが」と言い出さなかったら、ずっと同じ”治療”(といえるのかどうか)を受ける羽目になっていたでしょう。

薬は一旦処方されるとなかなか中止できません。特にメンタル系は、血液検査のような指標がないのでさらに難しいですね。

「薬を止めたいのですが」

薬や治療に疑問を持ったら、こういう風に切り出してみるのも一考です。

先生の性格上、なかなかそういう雰囲気にならないという方は、医師を変えることも必要かもしれませんよ。

不妊症と漢方治療5

「そういえば、あの方どうなりましたか?」

山口病院のスタッフに聞きました。一年ほど前に、知人が不妊症ということで漢方薬を投与している方のことです。遠方の方だったため、近くの病院で同じ漢方薬を処方してもらっておりました。

「あぁ忘れていました。ようやく妊娠出来たんです。結婚して7,8年目で初め他だったから喜んでいました、先生の漢方のおかげです」

「いやぁそれはよかったです。出した甲斐があるってもんです」

ずっと不妊治療をしていましたが、なかなか子宝に恵まれず、漢方薬を求め来られました。私が漢方薬を決めるときはオーリングテストですから、その方にぴったりの漢方薬を決めることが出来ます。

もちろん、古典的な脈を診たり、ベロを診たりという診断も併用します。

こういうお話を聞くと、素直にうれしいですね

二度ほどしかお会いしたことがない方ですが、

おめでとう!!

って感じですね。

子作りで困ったことのない我が家ではあり得ない悩みですが、困っている方は、あきらめずに漢方を試されることをお勧めします。

爪もみと「あいうべ」5

みらいクリニックでは、初診の方には爪もみと「あいうべ」をセットで指導しています。

もちろんカゼなどの急性病の場合はしませんが

「ごほっごほっ、こうやって爪揉むんですね」

なんてなりますから。ただ、カゼの時や病気の時は、口が開きやすくなるので(特に寝るとき)注意してもらいます。

爪もみは、もう一昨年前か全ての指を揉むようになりました。でもまだ、

「薬指を揉むとダメなんでしょ」

という方がおられます(随分と少なくなりましたが)。

自律神経の状態を、白血球分類と血管脈波での結果と照らし合わせてご説明しますが、二つの結果が違っているときもあり、解釈が難しいときもあります。

ただ、ご自分の病気、症状を、病名ではなく、自律神経の問題として捉えることができた方は、とても治りがいいようです。

病名が問題ではなく、ご自分の体の状態がどうなっているかを把握することがとても大切ですね。

いつの間にか筋力、体力も5

 福岡では平野部では雪もほとんど降らないためにスタッドレスタイヤは必要ないと思っていましたが、そのままシーズンを経るのももったいないので、車検と同時にタイヤを交換することにしました。

 倉庫から、眠っていたタイヤセットをトランクスペースに積み込みます。半年以上も前に同じことをしましたが、結構重かったことを覚えています。

さてさて今回はどうだろうと作業をはじめると

なんとなんと、結構軽い、アルミホイルとセットなので一本が20kg弱くらいですが、軽々と持つことが出来ます。自分でも拍子抜けするくらいです。

あっという間に作業を終えて、もう少し働けるぞ。俺って結構やるじゃないと悦に入っておりました。

知らず知らずに筋力と持久力がついております。

最近は週に1回程度のなんちゃって加圧トレですが、それでも

「やせましたね」

っていわれることが多いですね。食事もお酒も全く気にしない生活ですが、それでもシェイプアップできています。これって結構スゴイ。

着実に肉体は変化していますが、努力は全然していません。こんなことがあって良いのでしょうか。

現在加圧トレーニングについて、ある学会の原稿を書いていますが、発明者の佐藤義昭先生に校閲していただきました(共著者になっていただきましたが、佐藤先生、感謝!!)。

 お正月も食っちゃ寝の怠惰な生活をしながらも、シェイプアップ!!

「先生、どうやってやせるんですか?」

といわれますが、私に聞かれても、、、、

加圧してダイエットエンドに乗っているだけですから、私が聞きたいくらいです。

いつの間にか、タイヤセットを指一本でもてるようになったりして、、、ないない。

 

1/fのゆらぎの受診5

1/fのゆらぎという言葉を聞かれたことがあると思います。

自然現象は常に揺らいでおり、波の寄せ返しや小川のせせらぎ、虫の声なども1/fのゆらぎだからこそ心地良いと言われています。

なぜこういう話題にしたかというと、どうやらこの1/fのゆらぎが、車の渋滞にも関係しているなんて言われていて、中には来院する患者さん数も揺らいでいるという人もいます。

確かに、それまで暇だったのに、突然患者さん数が増えたりします。皆さんがバラバラの時間に来ていただければといつも思いますが、世の中そんなにうまくいかないようです。

今日はその典型でした。午前中は、予約の方だけでゆったりとしていたのですが、午後からまとまって初診の方が来院され、皆さんにしっかりと説明が出来ないまま、不完全燃焼で終わってしまいました。

午前中に来てもらえてたらとどれほど思ったことか。

確かに、患者さんの来院数も揺らいでいます。余裕のあるときとてんてこ舞いの時、一定になるのは難しいでしょうね。

来院されてやけに混んでいたなと思われた方は、次回は電話でご確認ください。しっかりとお話できると思います。

 

後医は名医?5

みらいクリニックには、いろいろな症状で、様々な方が来院されます。遠方から来られる方もおられます。バスを乗り継いで、新幹線で、などなど。

小さい診療所へ本当にありがたいことです。

病気になりいきなり、こんなところへ来る方はまずおられません(時々います(笑

あちこちの病院を巡ってたどり着くというパターンが多いようです。

そういう方々の病歴を聞いていると、一番困っておられるのが、診断名がバラバラだったり、治療内容が違っていたりと言うことのようです。

いろいろな診療科があり、いろいろな医師がいますから仕方のないことだと思います。

「後医は名医」とよく言われます。後から診察する医師ほどきっちりとした診断が出来るという意味です。いろいろな病気の可能性を排除して、時間も経過するのですから。

位の高い雨乞い祈祷師ほど、雨を降らせることが出来るのと似ているでしょう。

難しい見方をすると、病気って本当に怖くなってしまいます。細かい検査をすればするほど、異常が見つかる確率が高くなりますね。

高度な検査機器が発達しても、それほど健康になった、医療が良くなったと思う人が少ないのは、その辺にあるのかもしれません。

検査はあくまでも検査であって、治療ではないのですから。

私は、もし検査機器がなかったらどのように診察して、治療すればいいのだろうといつも考えています。もちろん小さな診療所ですから、検査の機会をいれるスペースもお金もありませんので(笑

出来ることをしないようにすると良いアイデアが浮かぶものです。私も、薬を処方したり、注射したり、検査したり”出来る"のですが、敢えて”しない”ようにすると、じゃどうやって治療しよう、診察しようと、無い知恵を絞り始めます

そうすると結構いい考えが浮かぶのですね。

その典型が「あいうべ」です。必死に考えてたどり着いたのが、変な口運動だったので、力が抜けましたが、その効果は驚くばかりでした。

今日も大勢の方に「あいうべ」の指導をしました。皆さん一様にビックリされますが、私がお話することが”検査もせずに”当たっているので、納得されます。

人間を真正面から眺める、これが私の診察スタイルです。

普通の診療所と思って来院されたら、びっくりしますぜ

漢方治療を希望される方が多くなりました5

ホームページのカウンタが急激な増加を示したので、不思議だなと思っていたら、テレビ朝日で漢方の特集があったのですね。かかりつけの方からお聞きしました。

漢方や和漢薬(漢方薬)が医学部で必修となって数年経ちました。私が漢方を勉強しようと思い立ったときとは大違いです。

当時、日夜ICUに寝泊まりという研修生活を送っていましたが、西洋医学ではない治療を勉強したいという思いは募るばかりで、漢方の研修先を探しておりました。

先輩や同僚からは、「???」ばかり、不思議がられて、あきれられて。まぁそれがありましたから、なにくそと思って勉強に励むことが出来ましたが。

それそうと、漢方薬が健康保険適応と知らない方がまだまだ多いことにビックリします。ツムラも結構宣伝をしているから、皆さんご存じかなと思っていましたが。

漢方薬局で買うと保険がきかないので高価ですが、病医院では保険がききます(もちろん薬価収載されているものだけです、梅寄生とか霊芝とか保険がきかない生薬や処方もあります)。エキス剤だけではなく、生薬も基本的に保険がききます。

現在では、日本東洋医学会の漢方専門医を広告できるようになりましたから、漢方治療を希望されるときは、これを目安にしたらいいと思います。

でも漢方薬が保険適応と知られると困るのが、漢方薬局です。漢方のメーカーさんには苦情が行くことがあるとか。そりゃそうですよね。同じものが、ずっと安い料金で、しかも医師の診察付きで処方されることが分かったら、、、、怖いですよね。

ここ数日漢方処方を希望される方が増えました。みらいクリニックでは、漢方薬は利便性を考えて、エキス剤のみを処方しています。

時には生薬を処方していた頃を思い出して、またやってみたいなと思うときもありますが、みらいクリニックで提供する医療は、西洋も東洋も越えた未来の医療ですから、そちらを極めていくことに力を注いでいます。

漢方薬も薬ですから、薬に頼らない医療を目指すみらいクリニックを作っていくことに必死です。

 

 

開院して2ヶ月が過ぎました(パチパチ5

おかげさまで、みらいクリニックは開院して2ヶ月が経ちました。引き続き診療をさせていただいている方、新たに受診された方、様々な出会いがありました。

初診の時は、「本当にお薬なしで治療できるの??」

と不審・不安な表情だった方も、次の受診の時にはすっかり「本当でした!!」といってくださるのがとてもうれしいです。

本日二回目の受診の方も、慢性じんましんでお困りでしたが、二週間の「あいうべ」により症状が軽快!!お顔もほっそりされていいことだらけ。

「薬は飲めましたか?」

「いやあ、薬は一日しか飲みませんでした、、、、それでも良くなったんですよ」

「・・・・!!それはすごいですね。やっぱり人間の体はほっといても治っていくなぁ」

この方も、はじめは様々な漢方薬を服用して良くならなかったから、薬なしで大丈夫?という感じでしたが、ご自分の体の変化に自信を持たれたようです。

「じゃぁ次の受診はどうしましょう?もう来なくても大丈夫でしょうけど、たががゆるむときがありますから、一月後くらいでまた来院してください。もちろん処方もありません」

患者さんにとってはとっても良いことだと思います、私は儲からないけれど、、、

こういう出会いを一つ一つ、大事に重ねていきたいと思います。

 そういえば年賀状をくださった岡山のHYさん、ため息は止めておられますか?ため息をやめるだけで調子が良くなります。もうすぐ花粉症の季節ですから、気をつけてくださいね(ブログでのご挨拶で失礼します)福岡へお越しの際は、ゼヒお寄りください

PCがとても不安定です。1

現在、ノートPCがとっても不安定です。いつ止まるのかとドキドキです。

メールなどの反応がわるくなったら、とうとう、、、、と思ってください。

何だか日本語変換もおかしくなってきました、、、

獺祭と濁り酒5

みらいクリニック:山口のうまいもの(酒とウニ) - livedoor Blog(ブログ)

こちらで、獺祭の温め酒というのを紹介しました。もちろんすぐに飲み干したのですが、田村先生から

獺祭磨き二割三分 純米大吟醸(しかも無濾過!!)をいただきました(田村先生感謝ちゅっ)

お正月明けで、患者さん方から

「寝てばっかりでした」「食べ過ぎました」

という声を多く聞きました。

「私もそうなんですよ。年末にお酒をいくつかいただいたのですが、”生”が多くて大変でした。」

ご存じの通り、清酒は火を入れない生だと、そのままアルコールが酢になってしまいます。低温で保存して、早めに飲まないといけません。

私も気が焦ります こういうことで焦らなくてもいいのですが、、、、。

焦ると、オリが飛び散りますから、リビングへ持ってくるのもそ〜〜っとです。

トクトクと、コップに注いで、まずは香りを、、、、おぉ久しぶりにかぐ、獺祭の吟醸香です。飲むと、ちょっと香りが強すぎて、しらけるんだよなと思いながら、ごくっといくと!!!

口の中で、たくさんのフルーツが踊って、香りと同様、華やかになりました。

これはうまい!!

いや、ビックリです。もう止まりません。気がつくと、半分ほどになっていました。MOTTAINAIですね。でも、うまい。これはいいお酒です。

そして、余韻がほどよく残り、さらりと消えていきます。あぁフレッシュフルーツをほおばっているようです。

(嫁に飲ますと、苦虫を噛み潰したようでしたが

半分といっても、オリが沈んでいますから、残りは3合程度でしょうか。急に惜しくなりました。あとはちびちび飲むことにしましょう。

酒米を極限まで磨いた(削った、なんせ七割七分は捨てるのですから)お酒です。機会があればゼヒ飲んでみてください。

生酒をしっかりと消費するために頑張らねば。

続きを読む
月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本







QRコード
QRコード