あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を使わない治療を目指す福岡博多のクリニックです。息育 足育二つのソクイク。あいうべ体操(口呼吸改善)、ひろのば体操(足指体操)。

あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

弟子を取りました。

治療は医者しか出来ない
しかし
予防は誰でも出来る

ということで、口呼吸改善の「あいうべ体操」を私の公認で語ってくれる人たちに弟子入りしてもらいました。

昨年末からミーティングを重ねていました。

今回、岐阜県坂祝町の講演にも同行(坂祝中学と坂祝町社協の二つ)。
名古屋駅から新鵜沼までの列車内でもプレゼン方法や講演内容についてのレクチャーをしました。

received_866028553538303

これは坂祝中学校でみんなで写真撮影したところ。

これからますます内容を洗練させていきます。

私の代わりに鼻呼吸の大切さを伝えてくれる人たちをドンドン増やしていきますよ〜〜〜
 

仙台市で市民講座 日本病巣疾患研究会

NPO法人日本病巣疾患研究会では、2017/4/23に仙台市で市民公開講座を行います。
時間:10:00〜12:00 入場無料(90名 先着順)
場所:七郷市民センター2F研修室(984-0032 宮城県仙台市若林区荒井)
問合:NPO法人日本病巣疾患研究会 

会の最初に、堀田修理事長(堀田修クリニック)が日本病巣疾患研究会の趣旨をお話しいたします。
その後、今井が口呼吸の問題についてお伝えいたします。

病巣疾患研究会がNPOになり初めての市民公開講座です。
ぜひお運び下さい。
23チラシ_ページ_2
23チラシ_ページ_1
23チラシ_ページ_1
23チラシ_ページ_1


 

田中宏明先生のラジオ出演

received_1271859159572184 
消化器内科医の田中宏明先生と亀山みゆきさんがメインパーソナリティをつとめる「腸よくな〜〜い!」にゲスト出演してきましたよ。
 
その時の模様がyoutubeで配信されたのでぜひ聞いてみて下さい。

私が出演した内、前半があいうべ体操、後半がゆびのば体操(ゆびのばソックス)についてお伝えしました。

お二人の安定の話術に導かれてあっという間の時間でした。

ありがとうございました。

 

HPA軸と慢性上咽頭炎

日本東洋医学会の福岡県部会に出席してきました。勉強になりました。

心療内科の岡孝和先生のお話の中にHPA軸という用語が出てきました。
 
IMG_20170305_144752



「HPA 上咽頭」で検索すると 論文(PDF注意)が出てきます。

内科疾患における上咽頭処置の重要性
今、またブレイクスルーの予感

病巣疾患研究会の総力を挙げて執筆されたと言ってもおかしくない文章です。
堀田会長と田中亜矢樹理事、そして谷先生。

ところでHPA軸(系)って何でしょうね。

 続きを読む

こたつは危険物 「こたつむり」に注意して

こたつはキケン

歩けない体になってしまう

こたつに入り続けるといつの間にか足腰が弱ってしまい「歩けかない」から「歩けない」になってしまう話です。 つまりこたつは、フレイル(虚弱)を促進しちゃうアイテムと言うことですね。 我が家にはこたつがありません。結婚するときにこの「恐るべき魔物」を部屋から無くしたのです。 それはひとえに「余りにも気持ちいいから」kotatsu_neru
 続きを読む

みらいクリニックの由来

最近福岡にも「みらい病院」てのが出来まして、

「先生のとこ支店を出すくらい立派になりましたね」

なんて言われることも笑

「いやいや、まったく当初の通りちいさいままです(^^ゞ」

また「これが未来の医療ですね」なんて言われることも

違うんです。皆さんがイメージしている「未来」futureフューチャーとは違うんです。

だって私の名前は、、、

説明用スライド
 続きを読む

新婦人しんぶん あいうべ 矢野正明先生

東京板橋でご開業なさっている歯科医師の矢野正明先生があいうべ体操のことを取りあげて下さいました。

むせる飲み込みにくいどうしたらというタイトルでむせる原因は呼吸にあるのではないかという視点から語っておられます。

むせることが気になるお年頃のある程度の年齢だと思います加齢や病気によって神経や筋肉の機能が低下すると飲み込むタイミングが悪くなりあるいはうまくいかなくなり食べ物が食道ではなくて気管の方に間違って入ってしまいますこれが誤嚥です。

 日本人の死因の第3位は肺炎です。少し前までは脳血管障害だったわけです。
新婦人しんぶん摂食嚥下あいうべ体操
続きを読む

常滑イオンでお話しします 2017/3/11

子供の時についた口呼吸の癖というのはなかなか治りにくいものです。
一度口呼吸の癖がついてしまうと鼻呼吸に戻していくのはとても大変な作業です ・
子供が口呼吸であるというサインを親がしっかりとキャッチして小さいうちから鼻呼吸と促していくことが大切です 

直前のお伝えになって大変申し訳ありませんが3月11日の常滑イオンにて子供の口呼吸の見抜き方そしてその対処方法についてお話します。

もちろん口呼吸の悪影響についてもお伝えしますのでご興味のある方はお運びになってください 。

残席があとわずかになっているようです。お早めに。 

セミナーチラシ
 続きを読む

ハワイで講演します。息育、足育。

2017/4/1にハワイで講演します。

17157486_10212672421305891_1005800383994126407_o

これまで海外では現地の法人に向けての講演をしたことはありましたが、この度は現地の方向けです。

なので日本語が通じない。よってスライドも全部英語に置き換えて準備しています。
 
なんとハワイでもゆびのばソックスの愛用者がどんどん増えて行っているんですよ! 続きを読む

広田小学校講演後の感想をいただきました。

佐世保市立広田小学校で2017/2月に保護者向け、そして児童向けの二本立て講演をしてきました。

その感想文をいただきましたのですこし紹介いたします。

広田小は児童数1000名に近い小学校なので、養護教諭がお二人いらっしゃいます。

子ども達の分厚い感想文。嬉しいですね。

また第一部の保護者向けの講演の感想も届きました。一部紹介します。

IMG_20170228_101246 hirota


 続きを読む
月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本







QRコード
QRコード