あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を使わない治療を目指す福岡博多のクリニックです。息育 足育二つのソクイク。あいうべ体操(口呼吸改善)、ひろのば体操(足指体操)。

このブログに投票する1 このブログに投票する2

2007年11月

ブログの更新がなかなか出来ないのは

ブログの更新が今週はほとんど出来ませんでした。これはひとえに”飲酒”のせいです。

水曜日には、高校の同級生が来福のついでに訪問してくれて、リレーツバメ(鹿児島まで)の終電の直前まで昔話に花を咲かせました。

気がつくとボトルをキープしようと思っていた焼酎は空になっており、そのまま締めるのもなんだからと、ビールで締め。

急いで買った明太子を手みやげに持たせてお見送り。

翌日は、新たなプロジェクトのための打ち合わせをお昼にすませて、話し足りなかったNさんが、

「やっぱ先生、中洲で語りましょう」

と仰るので、断る理由もなく、おつきあい。だって、翌日はお休みですから。

余り飲まないぞと心を決めても、なかなか難しいんですね。いろいろあってお酒が進みます。

さらに休日の翌日は、唐津へ。川蟹を食べさせてくれるという料亭へ。


お刺身

川魚が大好きな私にはたまりませんね。川蟹も久しぶりに食しました。

初めに出てきたのがこの鉢。鯉の刺身とヤマメのせごし、そして自家製野菜の刺身。

さまざまな聞き慣れない野菜が盛りだくさん。これだけでも充分に楽しめました。

料理が盛られてくる器も、ご当地を意識してか唐津焼が多く、そちらも充分に楽しめました。初めての訪問でしたが、様々な文化人、著名人が訪れているらしく、色紙や写真も沢山ありました。

親族だけのこぢんまりとした集まりでしたが、妹一家と従兄弟一家族とあわせても15人となり、時が随分過ぎたのだなと実感。

前日までかなり飲んでいたこともあり、またその日は昼の宴会だったためあまり酒が入らずに、後で嫁から

「今日は余り呑まなかったねえ( ´_ゝ`)」

と言われる始末。まぁたまには体を休めないと・・・

「ひょっとしてうちが何か粗相でも・・・」

クリニックをオープンして間もない頃、

「下の薬局の方が来られています」

(みらいクリニックは4F、1Fに調剤薬局さんが入っています)

「え〜〜なんだろう」と出てみると

「先生、何かうちが粗相をしたかなと思いまして・・・」

と薬局長さん。

「???は??何もしておられないですが。どうしたのですが?」

「いや、オープンしてからほとんど患者さんが薬を取りに来られないので・・・うちが何か悪いことをしてしまったかなと思いまして・・・」


「いや〜〜それはすいません。はじめにご挨拶したように、うちはほとんど薬を処方しないので・・・」

「いや、それなら良いのですが」

「処方箋を出すこともあまりないので、患者さんはいらっしゃるのですが、薬を出す方があまりいないんです」

というやりとりがありました。

薬局にご挨拶にうかがったとき、

「薬を出さない内科なので・・・あまりお役に立ちませんが」

と話していたのですが、まさか本当に処方しないとは思ってもおられなかったのかも知れません。

今となっては笑い話ですが、本当に困ったご様子で来られたので、こちらもビックリしました。

いまでも処方箋はあまり出さないのですよ。

新しいスライド作成中→我ながら良い出来

講演会を頼まれて、”あいうべ”体操やゆびのばソックスのスライドを作成することにしました。

特にゆびのばソックスに関しては、本格的に作るのが今回初めてなので、すこし気合いを入れて作ることに。

はじめに我が家の子供靴遍歴を振り返るために、昔の子供靴を引っ張り出してきました。

福岡へ引っ越してくるときに、手狭になってしまうので大半を処分してしまいましたが、ファーストシューズだけはしっかり仕舞ってあります。こういうときは、整理上手な嫁に感謝!!(私なら無理だろうなあ)

我が家の二人のファーストシューズは紐靴です。

並べてみると娘の方が大きいのですね。購入した月齢は同じだったと思いますから、我が家の男女関係を示唆しているのか??


靴

 

 

メーカーは違いますが、とてもよく似ています。

紐靴ですから一回一回結び直すのが大変でしたが、きちんと結ぶ結ばないで歩き方が変わってしまいますから手が抜けません。

当時は、子供靴にこんな高い金を・・・と思っていましたが、しっかりとした足ができあがったので、長い目で見れば必要な金額だったと思います。

つれづれにスライドを作成しならが、思い出にふけり、気がつくと何とも(自己満足度の高い)よいスライドができあがりました。

ご覧になった方が満足されるかどうかは不明ですが、少なくとも私は大満足。

いつか披露できるときがありますように。

手に取ったものは・・・

うちは、内科を標榜しているのですが、あまり内科らしくありません。内科の検査機器といえば聴診器がはじめに浮かぶと思いますが、出番はそれ程多くありません。

検査機器として、一番出番が多いのはフットゲージ(しかし、これ検査機器といえるかな?)、脚の長さを計測するものですね。

フットゲージ

これです。靴屋さんなどで診たことがある方も多いと思います。



さて、足の大きさを測定しようかと、フットゲージをつかんで患者さんの足下に座りましたが、手に握っているものの感触がなんだか違います。

それはなんと

孫の手
孫の手・・・

 

 

 

ちょうど近くにおいてあって(なんで??)、ぱっと手に取ったものが孫の手だったのです。フットゲージにもよく似ていますから(言い訳)

患者さんもいきなり孫の手を使って診察されたらいやだろうなあ。申し訳ありません。



靴下外来始まっています

靴下外来も開設して2回目になりました。

従来の予約外来を受診していただいた方はもちろん、加圧トレーニングに通ってくださる方もいらっしゃいます。

しかし、やはり靴下外来がメインになります。

ありがたいことに、ゆびのばソックスを求めて様々な方が受診されます。

ゆびのばソックスの調節や、AKA博田法の施行はもちろん、その場で靴の調整、靴紐の交換もしていきますので、時間がどうしてもかかってしまいますが、充実した診療時間を過ごすことが出来ます。

通常の診療日と比較すると、充分な時間を取ることが出来ますので、私も満足、患者さんも満足(?)。

ゆびのばソックスの説明を行い、いろいろな実演をすると、どなたも一様に驚かれます。興味深いのが、ほとんどの方が口コミでいらっしゃっていることです。

ネットを見てという方もいらっしゃるのですが、圧倒的に口コミが多いです。

「まあ、驚くからとにかく行ってみろ」

と言われて来られた方もいらっしゃいます。

受診していただいた全ての方に満足をしていただけるように全力で頑張るだけです。

誕生日が多いんです

我が家の二人の子供は誕生日が一日違い。それが今月です。

ほんと、後数時間で同じ誕生日で、誕生ケーキも一つで良かったのに・・・

そして、もう一つの誕生日がクリニックの誕生日です。


誕生ケーキ

お祝いのケーキをいただきました。

もちろんローソクは一本。

ありがたいことです。

一年前は、とっても寒かったのを覚えています。今日はポカポカ日和で、半袖でも良いくらい。

かわいらしい一本のローソクに火をつけて吹き消します。

誕生ケーキ2

 

さて・・・

ちょっと画像がゆがんでいるのは、テレコンレンズをつけたためです。私の顔がゆがんでいるのはもともとです。

さて、スタッフの前で一言。

みらいクリニックが、一つ一つ年を重ねていくのは良いけれど、私たちが一所懸命に頑張ればこの火を消すことが出来ます。

クリニックの齢を重ねることが出来なくなったときが、私たちの仕事の完成です。自分たちが失業するまで努力を積み重ねていきましょう。

私は、このローソクがどんどん増えればいいと思っていません。火が消えたと言うことは、健康な人が増えたと言うこと。それはとってもうれしいことです。

さてみらいクリニックのローソク、いつまでともるのでしょうか??

 

今後ともよろしくお願い致します。

その徴候は、入室してこられたときからあった

なんだか体がおかしい、足がおぼつかない、冷や汗も出る、ちょっと↓体の変化ですが、外来診療をしているときに感じたんです。

「さぁどうぞ、お入り下さい」

顔は笑顔を作っていますが

(なんかおかしい、なんかおかしい)

そのうち、手も震えるようになり、カラーテープを貼る手がうまく動きません。

(あっこりゃ低血糖だ)

と思い立ち、すでに横になっておられた患者さんに、

「すいません。低血糖みたい。ちょっと失礼」

すぐに血糖を測ると71mg/dlとやはり低くなっています。

おやつ用に購入していた”雪の宿”をぽりぽりするも、だんだんと視界が狭くなっていく感じがあります。

「ごめん、ブドウ糖持ってきて」

タブレットタイプのブドウ糖をほおばります。

「あ〜〜〜おいしい。ラムネみたい」

心なしか視界が開けてきました。加圧指導者の田村先生が

「そりゃ先生、ブドウ糖がおいしいのはやっぱり低血糖ですよ。普通の状態でなめると甘すぎますからね」とのこと。

ナースや患者さんからも、顔色が良くなってきたと笑われました。

「いや〜入ったときからなんだか今日は顔色が悪いなって思ってたんですよね」

と診察中のSさんにまで言われる始末。

何でこんな事になるのかなと考えると、そうだ、お昼に久しぶりにダイエットエンド(ブルブル)に乗って加圧したんだ。

10分間加圧に耐えて、腹筋を鍛えようと、ダイエットエンドに乗ったんです。しかも、お昼ご飯は食べていません。それぐらいしか考えられません。

加圧しても70mg/dl以下にはなかなかなりませんよと、田村先生。その後食べたブドウ糖タブレットは、田村先生の言うとおり、甘すぎてまずかったですね。

それから2時間程度は、なんだか体が重だるく、低血糖の後遺症のようなものを引きずっていました。

でも・・・こういう痛い目に遭っておきながらも、夕食時には空きっ腹にビールを流し込んで、気分不良になってしまいました。

のど元過ぎればって奴ですね。

しかし、久しぶりの低血糖症状でした。皆様も、加圧をする際には、必ず糖分を摂ってくださいね。

ひょっとして不妊の方にも

「先生、靴下で基礎体温が上がってきたんです。凄いですね」

と言われました。何でも、とても体が冷えるので、就寝中にゆびのばソックスを履いたところ、ポカポカでぐっすり眠れるようになったとのこと。

第二子を授かりたいけれど、なかなか難しいので、基礎体温表をつけ始めたところ、これがまたバラバラで、いつどのようになっているか分からない。月経も不順で、困っておられたみたいです。

加圧トレーニングをしていたのですが、冷え自体はなかなか改善せずに、ゆびのばソックスの威力を知り、はき始めたところ、これが「!!!」

じゃあこれを試してみて、とロングタイプとシルクタイプを渡してあげました。

「先生、ロングは凄いです。まったく冷えません。履くだけでポカポカです。標準でも充分だったけど、ロングは凄いです!!」

まあまぁ、そりゃそうです。

と、こういう経過があり、上記のお言葉を頂いたわけです。

しっかりと高温期と低温期が出現して、月経も定期的に来るようになりました。

「じゃあ、後はしっかりと励むだけですな」

「はい、頑張ります!!」

第二子をうまく授かることが出来ますように!

冷えでお悩みの方は、指場のソックスが一発解決です(なんて)。

月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本







QRコード
QRコード