あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を使わない治療を目指す福岡博多のクリニックです。息育 足育二つのソクイク。あいうべ体操(口呼吸改善)、ひろのば体操(足指体操)。

このブログに投票する1 このブログに投票する2

2010年03月

なんか、いいですよね

「なんかいいですよね」

Yさんが、診察室で声をかけてくれました。

「髪を切ったんですか?」続きを読む

どうして牽引をするんですか?〜草の根からしか医療は変わらない

慢性の腰痛でAKA-博田法で治療をしているJさん。

腰椎椎間板ヘルニアと診断されずっと牽引などのリハビリを受けたけれど治らなかったと不満をこぼされます。

続きを読む

花粉症が二日で改善?これまでの最短かも 〜あいうべ体操

aiube1みらクリでは、あいうべ体操カードを全国無料発送しております。

ぜひ皆様の周りの方々、大切な方々からお伝えくださり、薬をやめていただきたいと思います。

もちろん、クリニックでもあちこちに置いて、持って行っていただくようにしています。続きを読む

勇気と挑戦3〜鼻咽腔炎とメンタルトレーニング

さて、表題の「勇気と挑戦」とは、病気のこととは関係なさそうな??

加藤先生のセミナーの後半には、脳の枝ぶりを鍛えるために大切なものは「挑戦」とのフレーズがありました。
続きを読む

ステロイドと違ってすごくいい薬だから、という説明

アトピー性皮膚炎に使用される塗布剤で、プロトピックというものがあります。

十分な説明をしてから、患者さんには投与されることになっていますが、実際は、「ステロイドと違って副作用が少ないいい薬」として処方されることが多いようです。続きを読む

咬合の問題〜歯科医よどこかで妥協点を探ってくれ

堀田先生とおしゃべりしていたときのこと。

当然話題は、口と鼻の話になります。

「いつも不思議に思うんだけど〜・・・」と堀田先生。続きを読む

不況を生き抜く〜薬を使わない医療を目指そう

薬代というのは結構かかるものです。

国民医療費の1/3は薬剤費が占めていますから、約8兆円と言われています。すごいマーケットですね。

続きを読む

勇気と挑戦1〜鼻咽腔炎とメンタルトレーニング

先週土曜日は、診療を早めに切り上げて、私は仙台へ、スタッフは全員大阪へ研修に行って参りました。

私は、堀田先生と意見交換(飲酒)、スタッフは高岸弘先生のメンタルトレーニングセミナー受講です。続きを読む

中医学戦争で漢方が無くなる日

少し前の話になりますが、黒岩祐治氏がサピオ誌上で「中国政府が仕掛けた「中医学戦争」で日本の漢方薬が消える」と題して、3ページにわたり論説を書いておられました。

東洋医学”市場”のうまみに気がついた中国が、漢方は商売になると本気で売り込みを仕掛けてきたというのです。続きを読む

あいうべ〜体操と舌小帯の関係

「私は、先生のようにベロを長く出すことが出来ません」

と稀に患者さんから言われることがあります。

ほとんどの場合が、舌小帯の問題でベロをべ〜〜〜と長く出せず、無理矢理だそうとすると痛みが走ってしまいます。続きを読む
月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本








QRコード
QRコード