あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

息育 足育で人生を美しく。あいうべ体操(口呼吸改善)、ひろのば体操(足指体操)など、なるべく薬を使わない治療を目指す福岡博多のクリニックです。

このブログに投票する1 このブログに投票する2

2010年05月

あいうべ体操の新しい資料

新しいあいうべ体操の資料を作成した。

これからいくつかの言語にも翻訳していく予定。

そのままでは文字化けしてしまうかもしれないので、ダウンロードしてからご覧いただきたい。

クスリを使わない潰瘍性大腸炎治療

Mさんが来院したのは今年3月。

腹痛と血便によりステロイドホルモンを服用していたこともある。潰瘍性大腸炎との診断だった。 

手足も極端に冷えていた。続きを読む

まずは一切中止してみた

元気が無く、イボ、病気がちという7歳の女の子。

漢方や整体などいろいろな治療もしているけれど、パッとしないと言うことで来院。
続きを読む

鼻咽腔炎にもっともっ〜と光を

鼻咽腔炎のことを調べれば調べるほど、発見者の堀口先生から直接指導を受けたり、その概念に触れて研究をしたりという医師が、病気や死亡しているという事実に突き当たる。続きを読む

脇本先生と2時間

中央区の脇本歯科で二時間強、歯周病についての勉強をさせていただいた。

診療後のお疲れの時間を、脇本先生にはご迷惑をかけた。続きを読む

ナゼまた全然違った視点から医療に取り組むのか

薬を使わないための苦労は厭わないいみらクリでは、さらに薬ゼロを目指すための新たな取り組みを始める。

これまでも何回か取り上げたことがあるが、残像メンタルトレーニングである。続きを読む

ももち浜ストア取材中に

ももち浜ストアの取材は、これで3回目か、確か。

あいうべ体操をやっと話すことが出来てうれしい限り。しかも、ディレクターは福岡歯科大の先生から聞いたというから、これまたありがたい。

っていうか、以前から言っていたんだけど・・・ 続きを読む

頑固な肩こりとBスポット〜関連痛

関連痛という概念がある。

症状を起こしている臓器そのものではなくて、その臓器周辺、あるいは関連する遠隔部位に痛みなどの症状を引き起こしている状態である。

続きを読む

「感謝」の桐箱

P1120002ある方から、御礼にとお酒をいただいた。

最近は、晩酌をする機会も激減したので(自発的に)、喜びひとしお。

開けてびっくり、桐箱には「感謝」の文字が。続きを読む

点々をとるだけでスーパー医師の出来上がり

「神の手」というと外科医とか心カテの循環器とかそんなのばかり、各々のドクターが各々の分野で懸命な努力をしているのに、地味な部分にスポットライトが当たることは少ない。

私たちが目指すものは、病気にならない体作りであって、病気になってからの治療ではないはずだ。
続きを読む
月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本








QRコード
QRコード