あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を使わない治療を目指す福岡博多のクリニックです。息育 足育二つのソクイク。あいうべ体操(口呼吸改善)、ひろのば体操(足指体操)。

このブログに投票する1 このブログに投票する2

2010年08月

日本歯科東洋医学会九州支部会

日本東洋歯科医学会の九州支部会に招かれて講演を行ってきた。

熊本滞在は久しぶりであったので、すこしワクワク。

初めて福岡以外での開催とのことであったが、60名を超える歯科医師の方々が参加されたようだ。

続きを読む

来シーズンの花粉症を楽しみに

花粉症をの楽しみにとは不謹慎かな??

「エチカの鏡」で知ってやり始めた方々から鼻の通りが良くなったとちらほら言われ始めた。

舌位置が良くなってくるのが早くて3週間程度なのでまさにぴったりの時間と言うことだろう
続きを読む

いろいろな青

P1120422私は雲好き。

雲はおもしろい。

様々な表情を見せてくれる。

これは金床雲(かなとこぐも)。

積乱雲が成層圏にぶち当たって横に広がり始めた。続きを読む

「あなたの方がよく知っているでしょ」って・・・

「それホントに言われたんですか?」

「えぇほんとです。専門の先生に言われたんです」

外来をしているといろいろな患者さん方のエピソードに驚くことが多い。 続きを読む

言うだけなら誰でも出来る。その方法を教えて欲しい。

P1130266さて、病気を治すには”気持ち”や”氣”が問題と言われる。

気の状態で、どんな病気でも治ると、言う人もいる。それはそうだろう。じゃあ、どうやってその気を出すのですかと聞くと・・・難しい。

続きを読む

次の医科歯科連携を目指して

新しい医科歯科連携とは、同じ病気を医科と歯科で治療していくこと

とする持論を展開していくと、共通の言葉作りが必要となる。

例えば「ペリオ」と言われて理解できる医師がどれほどいるだろうか。
続きを読む

好・転・反・応??

P1130234
まだまだ暑い・・・

代替療法はあまたあれど、ホメオパシーだけは少し囓ったきり、ほとんど手を付けなかった。

それが今話題となっている。

創始者であるハーネマンの考えが良く理解できなかったことともう一つ、ホメオパシーを受け入れなかった理由がある。続きを読む

鼻炎、年中風邪を引く

経済的な観点から医療を見直してみる。

全身倦怠感、アレルギー性鼻炎、口渇、風邪を引きやすい

等の症状で、受診されたRさん。
続きを読む

ピークフロー最高値に しかも薬は減らして

Iさんは、いろいろ病気を抱えているが、そのうちの一つの治療のため通院されるようになった。

いろいろというのは、高血圧や気管支喘息などもある。でも、それらは通院の原因となった病気ではない。

続きを読む

悔やまれる慢性頭痛

30代女性Uさん。

もう数年前の話。みらクリを開業してすぐの頃だった。当時は、まだ山口市で非常勤の外来もしていた。Uさんは、慢性頭痛で来院していた。 続きを読む
月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本







QRコード
QRコード