あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を使わない治療を目指す福岡博多のクリニックです。息育 足育二つのソクイク。あいうべ体操(口呼吸改善)、ひろのば体操(足指体操)。

このブログに投票する1 このブログに投票する2

2012年05月

自然科学書協会報に寄稿しました。

人間本来の呼吸様式はなんだろう

というテーマで自然科学書協会会報に寄稿しました。 

今回取り上げたのは、ロバート・ブルームです。 医師であり古生物学者。続きを読む

見逃されがちな慢性上咽頭炎

風邪を引いた後に、喉に違和感が残る、痰が絡むような感じがするなどの症状が出る人がいます。

色々検査するけれど、特別悪いところもないし・・・・続きを読む

和歌山に行ってきました。

5/20日、和歌山保険医協会にて講演をして参りました。

P1000574
ホテルの窓からは、ライトアップされた和歌山城がきれいでした。続きを読む

中西一清スタミナラジオ4週分まとめて

少し長いのですが、まとめてみました。

2012年4月の毎週木曜日に放送された内容です。

医者もプロスペクト理論を学ぶ時代がもうすぐそこに

心理学者のダニエルカーネマンが2002年にノーベル”経済学賞”を受賞してから、グンとプロスペクト理論に関する書籍が増えましたね。

続きを読む

うつぶせ寝は危ない2

戦略経営者5月号に寄稿しました。

EPSON007
避けた方がいいうつぶせ寝、というタイトルです続きを読む

第4回POICセミナー

口は命の入り口・健康の入り口であって、
病の入り口になってはならない
 
「POIC(Professional Oral Infection Control)」を基本概念とした<POIC研究会>
では、医科・歯科の連携から生まれる新しい医療を目指し、実際の医療現場で生かせ
る最新の知識や医療従事者としての必要な情報を会員の皆様にお届けいたします。
続きを読む

うつぶせ寝は危ない1

自然科学書協会の会報に記事を寄せました。

 冒頭部に
200万年ほど前の人類であるパラントロプス(アウストラロピテクス)・ロブストスを発見した内科医のロバート・ブルームは、「医学に偏りすぎていて、博物学を考慮していない」治療法には問題があると考えていました。私は、医師になってまだ15年ほどですが、この言葉の意味がようやくわかりかけた気がします。 続きを読む

新潟市、柏崎市にて今井院長の足育セミナー!

6月10日、新潟にて、今井一彰先生の足指セミナー開催。
10時から、柏崎市西山公民館、14時から、新潟市ユニゾンプラザ小研修室。
新潟市では馬場正佳先生の健康講話もコラボ。
どちらも参加費1000円。
またと無い機会です。
025-748-2152まで
先着40名までです。
続きを読む

講演ロードのスタートは黒崎から

先週末は、北九州は黒崎で、企業様顧客向けの講演会に招かれました。

黒崎駅に行くのは何年ぶりでしょうか。P1000491

博多から特急で30分と結構近いのにびっくり。

続きを読む
月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本








QRコード
QRコード