あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

息育 足育で人生を美しく。あいうべ体操(口呼吸改善)、ひろのば体操(足指体操)など、なるべく薬を使わない治療を目指す福岡博多のクリニックです。

このブログに投票する1 このブログに投票する2

2012年07月

なぜ内科なのに足腰について治療するのでしょうか

私を全くの健康体と思っている方も多いと思います。実際死にそうな病気になったことはありませんから、元気なのですが、これまで二回手術をしています。

P1020109
これが足の手術痕です。10台の時に両膝の関節鏡手術を行いました。続きを読む

加圧トレーニングとゆびのばソックス

加圧トレーニングは、短期間で効果的に筋力を増強することの出来る素晴らしいトレーニング方法です。みらクリでは、10代から90代の方の加圧トレーニングを行っています。

その方達の足下はどうなっているのでしょうか。
コロバーヌ
これは、みらいクリニックが開発したコロバーヌというゆびのばソックスです。

転ばないためのものです。続きを読む

あいうべ体操のその先へ講演会

去る7月22日に、福岡市西新パレスにて、「あいうべ体操のその先へ講演会」を開催しました。
鈴木公子先生(柏崎市 ひまわり歯科医院)
矢島由紀先生(佐賀市 ゆきデンタルクリニック)
のおふたりからお話を伺いました。続きを読む

生島ヒロシの健康一直線

TBSラジオ「生島ヒロシの健康一直線」に出演させていただいたときに様子です。

高齢者のほとんどは薬を中止すると調子が良くなる

表題のことを思ったこと、感じたこと、そして、その経験はありませんか?

日々診療していると、いくつもの診療科から10種類以上の薬を処方されている高齢者によく遭遇します。

処方する方も処方する方だけど、それを信じて飲む方も飲む方です。続きを読む

正しく「鼻呼吸」すれば病気にならない

皆様のおかげで、昨日新刊を発行することが出来ました。
今回は、文庫本ですので、手に取りやすい価格になっています。
続きを読む

菊池養生園にて、命の入り口セミナー


菊池養生園にて、命の入り口セミナー、好評のうちに終了しました。S1280003

写真は、原発問題を告発し続けておられる小野俊一先生、異色の経歴の無知主です。続きを読む

またまた古典的片頭痛と上咽頭炎

20代の女性です。風邪をこじらせてから毎日のようにひどい頭痛が起こるとのことでした。

頭痛発作の前には、閃輝暗点、鼻汁といった片頭痛の前兆や嘔気、嘔吐を伴った古典的片頭痛発作に見舞われていました。とっても苦しんだんでしょうね。続きを読む

企業取材サークルFUN

企業取材サークルFUNという大学生のサークルの取材を受けました。

「人々の健康を支える医療関係者」という特集です。みらクリの私がトップバッター。続きを読む

みらクリの医科歯科連携の取り組み

医科と歯科は、産業構造として大きく違っておりまして、歯科分野の方々とおつきあいするようになってはじめて知ることばかりで、驚くことが多いです。

最近、 松風を「しょうふう」と読むことを知りました(分かる人には分かる)。続きを読む
月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本








QRコード
QRコード