あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を使わない治療を目指す福岡博多のクリニックです。息育 足育二つのソクイク。あいうべ体操(口呼吸改善)、ひろのば体操(足指体操)。

このブログに投票する1 このブログに投票する2

2015年02月

呼吸にまつわるふかーい話6

忘れていました。
その6です。確か5まで載っけたはずです。
鼻の穴はどうして二つあるのかという話(^^)
EPSON140 - コピー

2014年10月発売 最新情報のってます





2015年2月発売 イラスト多く分かりやすい



続・東京マラソンまでに絶対にカゼを引かないために

じゃあなぜカゼを引かなくなるかという話。

とにかく鼻を温めるんだ!寒い冬の風邪予防には鼻を温めるのが効果的(米研究)

こんな記事がありました。1月の話です。
風邪予防には、鼻腔内の温度が大切と言うことなんですね。
走ると冷たい風が顔をなでますから、当然体表面の温度は下がりますね。
乾いて冷たい空気を大量に吸い込みますから、鼻腔内の温度も下がりますね。
走っているときは仕方がない、でもその後のメンテナンス、ケアが大切です。 

スライド1

続きを読む

東京マラソンまでに絶対カゼを引かない方法

プレジデント誌に、「真面目な人ほどカゼを引いてしまう」という記事が載っていました。

アメリカでの研究で、一番カゼを引きやすい人は三つのうちどれかというもの

1 一日中座っている人
2 良く歩く人
3 よく走る人

さてこのうちカゼに一番弱い人は、、、、

IMG_3037

 続きを読む

3月15日(日)は福岡天神で、口腔ケアと糖尿病の勉強しましょう

世界一ペリオ(歯周病)にうるさい糖尿病専門医・西田亙先生をお迎えしてのセミナーです。

なぜこの企画をするかというと、こんな考えの医師もいるんだよと言うことを知って欲しいからです。
 
患者さんの血糖コントロールが悪いのはなぜなのか、、、と突き詰めていった結果

なんと「口腔内環境が悪かったから」

という驚きの結論に達した西田先生。そこから糖尿病に対する診療姿勢が変わります。

それは当日のお楽しみ。
 続きを読む

成長痛は存在しない?

みらクリフットケアセンターには、お子さん達の受診も多いんです。

その中の主訴として多いのは、成長痛、オスグッド病ですね。

これまで受診された患者さん方のほとんどのケースで成長痛はすぐに改善しています。

体が成長するのに痛みを生じるというのはちょっと不思議ですし、そもそも成長痛という医学的な用語の定義も存在しません。

でも「成長痛」って言われることがあるんですよね。
実は、成長痛は、、、、、○○の問題でした。 続きを読む

過剰診断にご注意!

医療機器が発達して以前では見ることの出来なかった異常がドンドン発見されています。

でもそれを発見することが本当に健康に繋がるのでしょうか?それが幸せに繋がっているのでしょうか?
ただ単に不安な気持ちになるばかりか、それにより健康が害されるとしたら、、、、

文章は平易ですから、一般の方でも読めますが、医療関係者にこそ読んで欲しい本です。  
健康診断を生業としている人たちには噴飯物の本でしょうが、これもEBMですね。

呼吸にまつわるふかーい話5です 

EPSON140 - コピー

話題沸騰中の、三豊市立仁尾小学校に行ってきました

高松での、息育、足育の講演を終えて、翌日何をしようかなと考えたところ、高松からそれほど遠くないところにある仁尾小学校に行こう!!押しかけて出来るなら講演もさせてもらおうと思い立ちました。

仁尾小学校の山下校長先生に何とか連絡をつけてもらい実現しました!!思いは叶う!

欠席児童がとても多かったことに心を痛めた校長先生が、何とかしたい、現状を変えたいと思ったのが切っ掛け。

低体温の子が多い、インフルでの欠席が多い、学校で出来ることは何か。

IMG_2970[1]
 続きを読む

2月18日(水) 都内 江東区で公演します。あいうべ+ひろのば

どうぞよろしくお願いします。
一般参加無料だそうです。

2_18
 

3月15日は福岡でオーラルケアと糖尿病の関係を学ぼう!

3月15日(日) 福岡天神で行われます第22回命の入り口セミナーのお知らせです。
この度は、西田亙先生をお招きして行います。
ずばり糖尿病とペリオ(歯周病)です

なんと内田美智子先生にもお話ししていただきます。
皆様ふるってご参加下さい!!

世界一ペリオにうるさい糖尿病専門医、西田亙先生のお話をぜひお聞き下さい。

西田先生からのメッセージ 続きを読む
月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本








QRコード
QRコード