あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を使わない治療を目指す福岡博多のクリニックです。息育 足育二つのソクイク。あいうべ体操(口呼吸改善)、ひろのば体操(足指体操)。

このブログに投票する1 このブログに投票する2

2016年07月

命の入り口セミナーin福岡

第24回命の入り口セミナーのチラシが出来上がりました。
私が福岡で一般向けの講演をするのは、久しぶりです。
 
24命の入り口セミナー


平成28年10月2日(日) 10時から
今回は二部構成です。

第一部 10-12時 3000円 専門家向け
 
中島龍市先生(中島歯科院長)
 ●歯原病について
西田亙先生(にしだわたる糖尿病クリニック院長)
 ●糖尿病党歯周病の関わり

第二部 13-16時 一般参加 無料
佐藤弘記者(西日本新聞(
太田秀人先生(おおた歯科クリニック院長)
西田亙先生
今井一彰(みらクリ)

その後シンポジウムを行います。

続きを読む

一日一分健康法〜知恵袋Books〜

宝島社から「簡単で良く効く!一日一分健康法」が発売されました。

あいうべ体操、ひろのば体操、口テープなどの記事を監修しています。

 書店、コンビニで見かけたらぜひ手に取ってみて下さい!

医療面接技法セミナー

西田亙先生とスーパープレゼンテーションセミナー東京の二日目には、医療面接技法をお伝えいたしました。


13697258_993183340780848_3811988006208824105_n
 続きを読む

スーパープレゼンテーションセミナー東京 

スーパープレゼンテーションセミナー東京が盛況の内に終わりました。

ご参加の皆様お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

まず第一日目。こちらは、「また呼ばれる講師になるためのメソッド」です。


13775550_977605569005152_1062281384400538494_n
(S先生の写真です)
 続きを読む

慢性上咽頭炎のこと

毎日のように慢性上咽頭炎と思われる症状で受診される方が後を絶ちません。

慢性上咽頭炎の診断は、内視鏡では行えず(現在の所)、直接上咽頭部を擦過するという方法(上咽頭擦過治療)が必要になります。

また慢性上咽頭炎は、鼻疾患のみならず、精神疾患(うつ)、耳鳴、顎関節症、舌痛症、咳喘息、肩凝り首凝り(ストレートネックと診断されることが多い)、咽喉頭部違和感などを引き起こします。

もちろんIgA腎症や掌蹠膿疱症などの原病巣として問題となることも多いのです。

これは以前相田先生が医薬経済誌に連載なさっていたときのものです。
古くて新しい病巣疾患」参考になさって下さい。
日本病巣疾患研究会は、医科歯科が連携して、病巣疾患(病巣感染症)、口呼吸問題などの解決に取り組んでいます。

EPSON107
 

7月30日(土)は高山市で講演

結構岐阜県に行く機会があるんです。
私と岐阜県の因縁は小学生の時にさかのぼります。

江戸時代に薩摩藩士が木曽三川の治水工事を幕府から命じられた、という出来事がありました。 

責任者は、薩摩藩の家老であった平田靱負。鹿児島県人なら誰でも知っている名前。
(だと思っていましたが、いわゆる本土の人だけのよう、これは奄美などの精糖事業などと関わってくることなので書くと長くなるので割愛) 

それで岐阜県と鹿児島県の子ども達が互いに行き来しようというイベントがありそれに参加したというもの。 
細かい記憶無し(^^ゞ

ということで、高山市で講演いたします。参加無料です。ぜひお運び下さい。

市民公開講座2016ポスター_03
 

アトピーにサヨナラ

Rさん、男性。
 
漢方薬を飲んでそしてプロトピック、マイザーも使用していたケースです。

この度めでたくサヨナラすることが出来ました。

初診時の背中です、あちこちにひっかき傷があります。可哀想です。
2016-07-02
 続きを読む

虫刺され後の湿疹が治らない

以前駅で偶然同じ症状の方と隣り合わせて、みらクリを受診された方がいるというお話をしました。
こんな偶然ってあるものですね。不思議です。

その方の経過です。

受診する10ヶ月前に毒虫に刺されてそれからじんま疹が出るようになりました。化粧も出来なくなってしまう有様です。

病院では、ステロイド剤塗布やセレスタミン(ステロイド+抗ヒスタミン薬)の内服などを受けましたが症状の改善は一時的で、化粧は依然として出来ませんでした。

受診前には、化粧は頻度を控えると何とか使えるようになってきましたが、皮膚の痒みが強くなってきました。その時に、運命の出逢いが(^^ゞ

2016-07-01
 続きを読む

ひろのば体操で歯並び改善

ヨシダさんのチェアサイドソリューションセミナーで見せてもらったひろのば体操+ゆびのばソックスのケース。
歯列の矯正器具を使用せずに、ここまで改善しています。

専門用語で言うと混合歯列後期(大人の歯が出てきた)で上顎前突(ちょっと出っ歯)上下顎叢生(歯並びが凸凹)と診断されます。
あしたか 口腔内写真 経過

スゴイですね。矯正器具を使っていないんですよ。
そしていま矯正器具を使っている人はさらに早く良くなる可能性がありますね。

足指を伸ばして土台を変えるという事は歯並びまで変えていくんですね(^^)
ひろのば体操は無料笑、ゆびのばソックス(矯正器具としたら安価)試してみる価値がありそうです。 

(株)ヨシダ様のチェアサイドソリューションで講演しました。

7月になりました!いよいよ梅雨明けの月です。

6月26日はエビスガーデンホールで(株)ヨシダさん主催のDNA(dental next action)講演会、チェアサイドソリューションにて講演をさせていただきました。

600名を超える参加者、なかでもメンタリストDaiGoさん目当ての衛生士さんで華やかな雰囲気の中で行われました。

マイクセンター長が30分のランチョンセミナーで足指の大切さ、ひろのば体操、そして衝撃の歯並び改善例を見せてくれました。

私はDaiGoさんの前座で一時間の講演。いつもの口呼吸の話とはちょっと趣を変えてお伝えしました。

IMG_20160626_160433-COLLAGE (1)
 続きを読む
月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本







QRコード
QRコード