先月、大阪の牧リハビリテーション病院で開催された患者さんの勉強会に参加しました。前日の夜は、法善寺横町で主催の牧先生福田稔先生をお招きしての宴会でした。

最近は、福田先生はつむじ療法をやっていると聞いていたので、実際に施術していただきました。

それに使用するのが、「つむじ風くん」という両端に磁石がついている太いボールペンのようなもの。筋力アップクンやつむじ風くんなど、そういうネーミングが流行っているのか、、、、。まぁ可愛い名前です。

福田先生に
「おまえは、鬱血しとるなぁ」
と言われながら、つむじ風くんであまたのツボを刺激される。「つむじ風くん」と可愛らしいネーミングに反してその刺激と来たら、、、

★☆!※×(;´_`;)


私は、痛いことがきらいなので患者さんにもなるべく痛いことをしたくないのですが、それにしても痛い!!!!
刺絡治療(自律神経免疫治療)よりも意味が残ります。

すこしお酒が入った上での痛みだからしらふでは???

早速「つむじ風くん」を購入し、翌日から刺絡治療を止めました。
というのも、つむじ治療をしてもらった後から、頭がすっきりとしてとても良い調子だったから。

患者さん方には、刺絡よりちょっといたいですよ、と告げてはじめると。
私と同じような表情をされる方が続出しました。(当然ですが)

針とつむじとどちらが良いですかと聞くと、半分の方が支持。もう半分の方はどちらでも良いとのことでした。
福田先生は、すでに刺絡治療よりつむじ治療をされておられるとこのとで、当院でもつむじ治療をメインにはじめました。
手軽に出来てとても効果があります。

筋力アップクンとつむじ風くんの二人の坊やで医療が成り立っている私の立場は、、、。