みらいクリニックを開院して半年が過ぎました。

オープンしたのが昨年の11月11日(大安!)でしたから、昨日から7ヶ月目に入ることになります。

初めての土地でしたので(こういうのをギョーカイでは落下傘開業といいます)不安はありましたが、薬を使わずに五感を使って治療していくという理念に散瞳してくださる方は少なくないはずだと信じてやって参りました。

現在では、九州一円を始め中四国より来院していただけるようになり、はやり自分の考えは間違いでなかったと確信しております。

しかし、これも支持してくださる患者さん方や、訳の分からない治療をする院長に一所懸命についてきてくれたスタッフのおかげです。

日によっては、予約の方が多くなり、予約外の方をずいぶんとお待たせするようになることもあり、診療方式を少し変更していかなければと思案しております。

昨日の出来事。

「今日はどうして受診されたのですか?」

「いや、社長にいけと言われまして、、、」

「また、どうして、、、」

「就職の面接に行ったところ、病気の話になり、そこの社長さんが、まずはみらいクリニックに行って話を聞いてきなさいと言われました」

「????、、、で、就職はどうなったのですか?」

「就職の話はそっちのけで、みらいクリニックの治療の話でした。それでこうやって伺いました」

「それは不思議なご縁ですね。ありがとうございます」

どこで、どなたがこういう風に縁を繋いでくださるか分かりませんね。

こうやってご縁があって知り合った方を全力で治療して参りたいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。