悪性疾患でおかかりの患者さんとそのご家族を対象に、免疫力アップセミナーをクリニック内で3回に分けて開催しました。

 みらいクリニックの治療は多岐にわたっているため、爪もみ、あいうべ体操や呼吸の話から、加圧トレーニング、星状神経節レーザー治療などなどを一つ一つ解説いたしました。

 診療時間内にはもちろん無理ですから、診療が終わった夜の開催です。それにもかかわらず、一所懸命にお集まりいただき、待合室のテレビを利用して、ご説明をしました。

 いつも行っている治療が、実際どういう意味があるのか、どのように効果を現すのかということを知ると、より”治療しよう””治るぞ”という気持ちがわいてきます。

 一回が1時間半ほどの短い内容でしたが、出席いただいた方々にはみらいクリニックの治療がどのようなものかしっかりと理解していただけたと思います。

 これからも機会を作って、今回参加できなかった方々にもご説明できるようにしたいと思っています。

 流れ作業のように治療をされるのと、その意味を知って治療をしていくのでは効果に違いが出てくるでしょう。

 これも”される”医療から”する”医療への転換ですね。薬剤に関しては、いろいろな書物がありますから、情報を手に入れることは比較的簡単ですが、それ以外の代替医療となるとまだまだ難しいのが現状ですね。