「薬が止めたいんですけど、なかなか減らないんですよね」

とよく相談されます。

「止めるに当たって、何か対策を練っていますか?」

「いや特には・・何とか減らないかなと思って・・・」

「止めたいと思うだけで、止められるのであればとっくの昔に止められていると思いませんか?」

「・・・」

「何か別のことをしないと、別の結果は得られません。薬を止めようと思えば、それなりの方法をとっていく必要があります」

という会話を何回も繰り返します。

例えば、痛み止めを止めるために痛みを堪えるという方法も一つにあると思います。ただ、私は、私自身が根性がないので、根性のいる方法をとりたくありません。根性で薬を止めることが出来る方もいるでしょう。

ただ、もっとスムーズに止めることが出来れば、それに越したことはありません。

薬を止めて行くにはそれなりの方策が必要です。それを患者さんと一緒に学んでいきます。

だれでも簡単に出来る方法を見つけなければ、あまり意味がないと思います。

根性や意志の力のみで薬を止めようとしないでください(したい方はとめません)。みらいクリニックは、すこしでもラクに薬を減らしていく方法を提供するところになりたいと思っています。