新幹線で移動する際には、博多駅地下のマクドナルドでコーヒーを購入して乗り込みます。100円という値段で満足の出来る味ですから。
P1050142



車内販売のコーヒーは、350円だし、ポットの中でどれくらいの時間がたっているか分からないし。



イロイロ理由はありますが、100円という値段が一番ですね。
「ホットコーヒー一つ下さい」

「ただいまコーヒー無料の時間となっております。ホットとアイスどちらになさいますか」

「いやホットを」

無料の時間があるとは知っていましたが、まさか自分が入ったときがそうだとは思いませんでした。無料コーヒーを貰いに来たのか、と思われてもいやなので(自意識過剰、内心ではラッキー!)

「それと、フィレオフィッシュを」

「はい、では270円です」

無料のコーヒーと、無料でないフィレオフィッシュを持って車内へと乗り込みました。得だったのかどうか分かりません。

しかし、それでも車内販売のコーヒーに比べるとまだ安い!

N700系とノイズキャンセリングイヤフォンとマックのコーヒーで、車内は無音の快適空間に大変身です。