「耳鼻科と歯科が融合すればすごいことになりますね」

私の話を聞いていた、西日本新聞の河野記者の感想。

そうなんです。食べ物や空気の入り口である口と鼻をきれいな状態に保つことで、色々な病気が良くなります。
みらクリ講演会に通院しておられるHさんの紹介で、耳鼻科のY先生がお話を聞きに来てくださいました。

歯科の先生方には人気(?)のある私ですが、医科からはあまり人気がありません。人の土俵に土足で上がっていくからです。

講演後お話をする機会がありましたが、とても柔軟なお考えの方らしく、早速点鼻を初めて見ると仰って下さいました。

もっとも、塩化亜鉛の塗布は以前からやっておられたみたいですから、さらにその治療が効果的なものになると思います。

「患者さんは減るけどジレンマだよね。でも、患者さんが良くなるのはいいことだよ」

と笑顔で仰ってくださったのが印象的でした。

実は、この耳鼻科と歯科の融合クリニック、我が家の近くにあります。ご兄弟で開業しておられるようですが(直接お会いしたことはありません、藤村医院)、こういうところから難病の治癒が始まっていくと信じています。


来週は、香川/高松の松見歯科(音注意!)スタッフの皆さんがみらクリに見学に来ます。

歯科の先生が、内科へ見学って、うれしいですよね。松見先生に見てもらっている患者さん方は幸せです。

講演会を通して、また様々な出会いがありました。一つ一つの出会いを、よりよい治療のために結びつけていきたいと思っています。