ゆびのばソックスとドクターシューズの併用により、私のあしゆびは半年で6mmほど伸びた。

逆に言うと、それだけあしゆびを曲げて、窮”靴”に押し込んでいた状態だったのである。

窮屈な手袋を考えてみて欲しい、あるいはミトンをはめていると想像してみて欲しい。なんと、不自由なこと、ストレスのかかること。

それを足、あしゆびは、文句も言わず黙々と仕事をこなす。

外来を受診するほとんど人が、あしゆびを曲げている。

不安定な足元に、健全な上体が形成されるはずがない。

ゆびのばソックスに感動して、その場でみらいシューズを試し履きしてもらう。

「今すぐ欲しい!」

と言われるか方がある。しかし、そのような場合は一度お断りをする。

なぜなら、3ヶ月もすると足指が伸びて、サイズが変わってしまうからだ。

となると、その時に作った靴は履けなくなると言うことである。

これはもったいない。だから、三ヶ月は待って下さい、とお伝えする。

それでも一年経つと、さらに足指が伸びて、サイズが変わることがある。

私たちの仕事は、靴を売ることではない、靴下を売ることではない。

その先にある、充実した人生を送ってもらうことである。

足が悪ければ、旅行に行っても楽しむことが出来ない。

「これ(ドクターシューズ)があれば、世界中どこでもいける」

そう言ってくださる方もいらっしゃる。特に海外に行くことが多い方ほどそういう感想を持って下さる。

もちろん、皆さんそれまでに、様々な靴の遍歴がある。でもしっくり来るものがなかった。

きちんとあしゆびをのばして、本来の足長で靴を購入すること。それだけでも満足度は変わる。

足元が変わると、未来が変わる。それがドクターシューズだと自負している。