皮膚の難病として知られる尋常性乾癬ですが、最近ではこの病気にも生物学的製剤が使われるようになってきました。

 高額な費用と重大な副作用が心配な方も多いと思います。

みらクリには尋常性乾癬の治療で受診される方も多くいらっしゃいます。

 56
この方もずいぶん長く悩んでいました。




尋常性乾癬の場合も、やはりまずは口呼吸のチェック!

おそらくほぼ全員が慢性口呼吸状態でしょう。これまで受診された方は100%慢性口呼吸でした。

やるべきことは、あいうべ体操、そして上咽頭の治療です。

もちろん扁桃や口腔といった原病巣も考えておかなければなりません。

原病巣がきちんと治療出来ると


59
こういう風にキレイになっていくのですね。

病気が起きている場所(結果)と原病巣(原因)が違うために、どうしても病気が起こっている、華々しい症状が存在しているところにばかり目が行ってしまいます。

それが恐い。

原病巣、病気の原因はどこにある?ということを常に見つける気持ちがなければなりません。

そんなことを考えていくのが日本病巣疾患研究会です。

======================
2014年10月発売予定の新刊です。
どうぞよろしくお願いいたします。