例えばずっと立っておかなきゃならないことを考えてみて下さい。

立ち仕事でしょっちゅうだよって方もいるでしょうね。外科医なんてのは手術が長引けばそれだけ立つ時間も長くなりますね。

私たちはゆびのばソックスを日々どのように改良していけば良いのかと頭を捻るわけです。

IMG_20160405_071942
 
いろんな試作品を試したり、もちろんいまはいろんな五本指ソックスがありますから、それらをチェックして、よりよい製品を作ろうと思っています。


特にこだわるのがはいて立位になった時の足首への負担です。 
DSC09544

たとえばこれはゆびのばソックスNEOのロングです。

足首を90度に曲げた状態(立った状態)で足の甲(足背)の形状がどうなっているのかを見るとスムーズに足なりの形になっています。

DSC09545

ちょっと見にくいですが、正面から見ても皺が寄りません。

DSC09546

 これはゆびのばソックスNEOアンクルです。

こちらも同じように皺になりません。

DSC09549

こちらは現在開発中のもの。ゆびのばNEOに比べると矯正力は落ちますが、とてもはきやすくなっています。同じように皺がよりません。

もしこの足首の部分に皺が寄ったまま立ち続けなければならないとしたら足首から先の血流はどうなるでしょうか?

もちろん悪くなってしまうということが考えられますし、皮膚もそこだけ擦れてしまいます。

天然の綿素材で足指の矯正力とこのことを両立させるのは結構難しかったりします。

あなたの今おはきになっているソックスを立った状態で観察してみて下さい。足首の所に皺が寄っていたら、それが慢性的な足下のストレスになっているかも知れませんよ。

そんなこともあり私はゆびのばソックスNEOをお勧めしています。