おおた歯科クリニックの太田秀人先生が、みらクリへ紹介してくださった方々のケースをまとめて発表すると仰るので、発表用のスライドを見せていただきました。

口呼吸、慢性上咽頭炎の兆候があればすぐに紹介して下さいます。

症例をあれこれ思い出しながらチェックしていくと、我ながら結構治っています。

例えばこの方、局在不明の歯痛と言うことで紹介されました。

2016-09-14
 
局在不明(ハッキリと部位が分からない、判明しない)歯痛や舌痛の背後に慢性上咽頭炎が隠れていることがあります。

はたして、この方も太田先生の読み通り慢性上咽頭炎を認めました。

そして10年間掌蹠膿疱症でも悩んでいます。

これも慢性上咽頭炎の存在を疑わせます。

治療をして一月で皮膚症状が改善してきて歯痛も改善していきました。

4ヶ月後には写真にあるように、10年間も悩んだ掌蹠膿疱症はなくなり、通院を辞めることが出来ました。

歯科医の適切な判断で、治療に繋がった例です。

太田先生にも10月2日のセミナーではお話をしていただきます。

太田先生は、ひとみがキラキラ輝いている先生で、災害医療に精通していらっしゃいます。その辺のお話しを伺おうと思っています

どうぞよろしくお願いします。

=============
●10/2 命の入り口セミナー(福岡 無料)
第一部は専門家向け、第二部は一般向け(無料)です
ぜひお運び下さい。詳しくはチラシを!
24命の入り口セミナー