今年も行ってきました。福岡市西区北崎小。
福岡市とは思えない潮騒の聞こえる小学校です。玄界島も於呂の島も福岡市。
福岡市と言っても広いな。

今年も、1年生の教室で給食をいただきました。
1年生は、全部で16人。今年はインフルゼロでした。それには秘密が、、、、

20170214_093402-COLLAGE
もちろんあいうべ体操(養教の塚元依子先生が熱心に指導して下さっています)はあるのですが、写真の中に秘密があります。

児童「先生は、牛乳飲まんと?」
今井「飲むよ」
児童「牛乳はいつ飲むと」
今井「牛乳は最後に飲むとよ」
児童「じゃあ一緒やね」

このやりとりですよ!

給食を牛乳で流し込まない。流し込む給食を水洗式給食と呼ぶようですよ。

この日は、レーズンパン。水分があった方が食べるのは楽ですが、1年生のみんなは、牛乳に口を付けることなく食べます。

この日はみんな完食!完食率高いんですって。

じゃあ、なぜ牛乳を最後に飲んだ方がいいのか、、、、

それは


よく噛める
唾液が出る


この二点があるからですね。

子どもに噛め噛めと言ってもダメです。水があれば飲んでしまいます。

だから水分の無い「環境」を作り出す。

これも教育なんですね。

みんな、パンでも水で流し込む必要がありません。よく噛んで唾液を出しているから。

だからインフルにもかからない!

素晴らしい!!

元気になるって、特別なことをするんじゃなくて、日常生活の積み重ねなんですよね。

そして、子ども達にその環境を与えるのは大人の役目。子どもはその通りに育っていくんですから。

カワイイ一年生との食事の時間は至福でした(^^)