子供の時についた口呼吸の癖というのはなかなか治りにくいものです。
一度口呼吸の癖がついてしまうと鼻呼吸に戻していくのはとても大変な作業です ・
子供が口呼吸であるというサインを親がしっかりとキャッチして小さいうちから鼻呼吸と促していくことが大切です 

直前のお伝えになって大変申し訳ありませんが3月11日の常滑イオンにて子供の口呼吸の見抜き方そしてその対処方法についてお話します。

もちろん口呼吸の悪影響についてもお伝えしますのでご興味のある方はお運びになってください 。

残席があとわずかになっているようです。お早めに。 

セミナーチラシ
 
〜〜〜〜〜著者紹介〜〜〜〜〜
今井一彰(IMAI Kazuaki) みらいクリニック院長
1995年 山口大学医学部卒業 救急医学講座入局
2006年 みらいクリニック(JR博多駅すぐ)開業

内科医・東洋医学会漢方専門医・NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長

息育、口呼吸問題の第一人者として全国を講演で回る日々。
一般向けから専門家向け、幼稚園小学校から行政・企業向けなど幅広いジャンルの講演を行う。

あいうべ体操、ゆびのば(ひろのば)体操の考案者でもあり、Tv出演、マスコミにも広く取りあげられる。上咽頭炎治療(Bスポット)も行う。

著書一覧はこちら。 faceillust