あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を使わない治療を目指す福岡博多の内科クリニックです。息育 足育二つのソクイク。あいうべ体操(口呼吸改善)、ゆびのば体操(足指体操)。

このブログに投票する1 このブログに投票する2

あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰>アレルギー性疾患

アレルギー性疾患

うつぶせ寝は対症療法 最後と思ったけれど言い足りない

何回でもいいますよ。うつぶせ寝は対症療法。 

対症療法が悪いわけではありません。熱が出てだるいときは薬で下げればいいし、痛いときは痛み止めを服用すればいい。私もそうやって薬を使っています。もちろん自分自身にも。続きを読む

うつぶせ寝は対症療法 最後

私の医師人生の初っぱなは、救急集中治療から始まりました。当時、母校の救急医学講座が新設されたばかり、私は一期生と言うことになります。

どうやって救急で喰っていくのだと、周りからは色々言われることもありました。まあ気にしない気にしない。

続きを読む

ホント申し訳ない

以前私が治療していたという患者さんがちらほら受診される。
もちろん、10年ほど前のことだから、今とは診療のスタイルがずいぶん違っている。

「驚いちゃだめですよ」と最初に伝えておかないと、漢方を処方したいたときと同じだと思われるといけない。
続きを読む

さて、大量花粉はどうだろうか?

今年は花粉だが大量だという。

さて、花粉症の皆様の症状はいかがだろうか。続きを読む

「歯性病巣感染」温故知新

私の歯ブラシは、OralBとDoltzである。クリニックと自宅に、OralBは一本ずつある。

コクランで歯垢除去の評価を受けているのは、OralBのみである。歯科医には、ソニケアを使っている人が多い。


続きを読む

アーティストはつらいらしい

歌手をアーティストと表現するようになったのはいつからだろう。

亡くなった本田美奈子さんが、

「アイドルではなくて、アーティストとして活動したい」

と言って干されたのを覚えている(いつの話だ?) 続きを読む

「案外簡単に治るんですねえ」

まずはKさんの処方されていた薬の一覧。
フルタイド、サルタノール、プレドニン、テオドール
ガスター ムコサール ムコダイン 

これを気管支喘息の治療と称して処方されていたのだ。
続きを読む

オッパイを止めず、漢方を飲まなかったCちゃん

手段の目的化が危ないということで記した昨日の記事であったが、今回は、Cちゃんのその後である。

漢方を処方されたが、結局飲まないように伝えた事まで記した。

続きを読む

ジンマシンでも口を閉じよう

Tさんは、肩関節周囲炎治療で来院された。

問診票を眺めていると
「あれっジンマシンもあるんですか??」

「そうなんです。いろいろと薬をもらっているんですが、なかなか良くならなくて」

続きを読む

喘息治療一旦終了

中学生のMさんは、この4月から毎日喘息発作に悩まされていた。

喘息は、幼児期からのもので、代替医療などもやっては見たものの、芳しい効果はなく吸入薬を使っている状態であった。

できるなら薬を使いたくないと言うことで来院した。

続きを読む
月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本







QRコード
QRコード