あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を使わない治療を目指す福岡博多のクリニックです。息育 足育二つのソクイク。あいうべ体操(口呼吸改善)、ひろのば体操(足指体操)。

このブログに投票する1 このブログに投票する2

あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰>ゆびのばソックス

ゆびのばソックス

転倒防止にゆびのば体操、テレビ放送。

2017年3月28日 火曜日
10:25~ kbc テレビ、アサデスで 転倒防止の ゆびのば体操が 紹介されます ぜひご覧ください。

転倒して尻餅をついて大腿骨頚部骨折や 腰椎の 圧迫骨折などを起こすことがあります 。
転ばないために 筋力を鍛えることも大切そして足指を伸ばすことも大切です。
足指を伸ばすためにゆびのば体操。

リポーターの三好さんが「ゆびのば体操」をして握力がなんと、なんと!

とっても上がりましたよー!


転ばないゆびのばソックスはこちら。

image

転倒予防のための指列矯正

先日、みらクリにおいて「転倒予防のための指列矯正」の講演をセンター長が行いました。

その模様を短くまとめたので興味のある方はご覧ください。



続きを読む

変形性膝関節症のMさん

右の変形膝関節症のMさん。

「まぁ行ってみらんね」と知人から紹介されて受診した。

初診時は、不安も入り交じって不信感満載。

「どげなところやろうか」と。続きを読む

MIRAIを変えていく靴 

ゆびのばソックスとドクターシューズの併用により、私のあしゆびは半年で6mmほど伸びた。

逆に言うと、それだけあしゆびを曲げて、窮”靴”に押し込んでいた状態だったのである。

窮屈な手袋を考えてみて欲しい、あるいはミトンをはめていると想像してみて欲しい。なんと、不自由なこと、ストレスのかかること。

続きを読む

人生を変える靴に出会いました!

耳鳴、腰痛で来院されたNさんが放った言葉である。

これまで様々な靴を履いてきたけれど、どれもしっくり来るものが無く、結局サンダルで過ごしていたNさん。

もちろん、シューフィッターの靴、整形靴などいろいろ試してみた。
続きを読む

「あなたの方がよく知っているでしょ」って・・・

「それホントに言われたんですか?」

「えぇほんとです。専門の先生に言われたんです」

外来をしているといろいろな患者さん方のエピソードに驚くことが多い。 続きを読む

走る看板娘

Uさんは、初診時は杖をついて這々の体で入ってきた(らしい、記憶が曖昧)。

加圧トレーニング、AKA博田法、ゆびのばソックスこの三つどもえにより杖を捨てた。続きを読む

悩んでいるからに決まっているじゃない

「どうして、足のことにも詳しいのですか?」

と外来をしていると良く聞かれる。

「そりゃあ悩んでいるからですよ」とお答えするが
「??」悩んでいる風には見えないからだろう。
続きを読む

ソク育始めます。

いつにしようかなと思っていたが、食卓の向こう講演会を機に、ソク育なる用語を始める。


食育(ショクイク)は良く聞くけれど、ソク育は息育 足育


まさにみらクリの「ベロと足指を伸ばす」が表現された言葉。続きを読む

背中が曲がるのは、背骨が原因じゃない

みらクリには、亀背(背中が亀のように曲がること)で相談に見える方も多い。

背筋を良くしたいが、なかなかうまい具合に行かない。レントゲンを撮っても、「年のせいですね」といわれて終わりがほとんど。

患者さんは、そんなことは言われなくても分かっているんだけど・・・という当たり前のひと言は心に閉まう。続きを読む
月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本







QRコード
QRコード