あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を使わない治療を目指す福岡博多の内科クリニックです。息育 足育二つのソクイク。あいうべ体操(口呼吸改善)、ゆびのば体操(足指体操)。

このブログに投票する1 このブログに投票する2

あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰>ステロイド

ステロイド

あんなにひどかった皮膚だったのに、、、、

人の記憶というものは曖昧なもので、、、

「どうですか、調子は?」
と尋ねると
「と〜〜〜ても良いです(^^)」と答える方は案外少ないですね。もちろん悪いから受診しているんですが、それでも初診の時と比べて良くなっていたとしても、「良くない」と答える人の率は少なくありません。

「今の苦しみ、悩み」の解決が一番ですから、たとえ以前がとても酷かったとしても「のどもの過ぎればなんとやら」で、、、、

このTさんは、「すっごく良くなりました〜こんなにお肌がスベスベになるなんて」と喜んでくださっています。

86
 続きを読む

多発性筋炎に対する加圧トレーニングの効果

多発性筋炎の患者さん方で加圧トレーニングを施行例が、継続中のもので5例ほどあります。

何れの方もCKやアルドラーゼと言った筋破壊の指標が低下していきます。

これは不思議です。続きを読む

「案外簡単に治るんですねえ」

まずはKさんの処方されていた薬の一覧。
フルタイド、サルタノール、プレドニン、テオドール
ガスター ムコサール ムコダイン 

これを気管支喘息の治療と称して処方されていたのだ。
続きを読む

クスリを使わない潰瘍性大腸炎治療

Mさんが来院したのは今年3月。

腹痛と血便によりステロイドホルモンを服用していたこともある。潰瘍性大腸炎との診断だった。 

手足も極端に冷えていた。続きを読む

ステロイドと違ってすごくいい薬だから、という説明

アトピー性皮膚炎に使用される塗布剤で、プロトピックというものがあります。

十分な説明をしてから、患者さんには投与されることになっていますが、実際は、「ステロイドと違って副作用が少ないいい薬」として処方されることが多いようです。続きを読む

薬を一生飲み続けないといけないという嘘〜潰瘍性大腸炎

このタイトルを変換したところ・・・・

薬を一升呑み続けないといけない」となってしまって、どれだけ酒の話題を書いているんだ、と自省しております。

薬を一升分飲むのは大変だ、でも一生の内だと風呂桶分くらいにはなる人がいるんじゃないかな?続きを読む
月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本







QRコード
QRコード