あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を使わない治療を目指す福岡博多のクリニックです。息育 足育二つのソクイク。あいうべ体操(口呼吸改善)、ひろのば体操(足指体操)。

このブログに投票する1 このブログに投票する2

あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰>加圧トレーニング

加圧トレーニング

こたつは危険物 「こたつむり」に注意して

こたつはキケン

歩けない体になってしまう

こたつに入り続けるといつの間にか足腰が弱ってしまい「歩けかない」から「歩けない」になってしまう話です。 つまりこたつは、フレイル(虚弱)を促進しちゃうアイテムと言うことですね。 我が家にはこたつがありません。結婚するときにこの「恐るべき魔物」を部屋から無くしたのです。 それはひとえに「余りにも気持ちいいから」kotatsu_neru
 続きを読む

心拍数を上げると学力も上がる 元気なイナマス学級

学校到着時に心拍数をかなり上げるような運動をすると学力向上にもつながったという研究があります。

私もこの本を読んで知りました。
 IMG_20170128_074506-COLLAGE 
ですから私も心拍数を指標に朝のトレーニングをしますが、なかなか150までは上がらないものです。

しかしやっぱり加圧トレーニングはスゴイですね。キッチリ加圧ベルトを巻くとそれだけで107まで上がります(私は75前後)。


続きを読む

加圧プーリング始めます。

15分間のコアな加圧トレーニング(週1と2のコースがあります)を始めます。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

加圧トレーニングをもっと身近に、もっと手軽に。

だから低料金にしました。

10年以上のキャリアを持つ加圧トレーニングスペシャルインストラクターの私だから出来ること。

クリニックに併設しているから病気があっても安心して取り組めます。

私は、加圧トレーニングの教科書とも言える「加圧トレーニングの理論と実践」を分担執筆しています。

続きを読む

みらクリ発・ダイエットコア お腹ぺたんこ大作戦

加圧トレーニングスペシャルインストラクターとして10年以上にわたり、加圧トレーニング指導に携わってきた医師、それは私です(^^)

関節が痛くて運動が困難、脳卒中で効果的なトレーニングが出来ない、リハビリをしても改善した感じがないといった患者さん方にこれまでも、体を大きく動かすことなく、大きな負荷をかけることなく筋力アップするトレーニングとして加圧トレーニングを提供してきました。

今回は、「ぺたんこお腹への道」と題してスペシャルレッスンを提供します。
詳しくは、画像をご覧下さい。私も参加します笑

(加圧トレーニングではありません、保険診療ではありません)


15369860_1053921141397740_581857751_o
 続きを読む

多発性筋炎に対する加圧トレーニングの効果

多発性筋炎の患者さん方で加圧トレーニングを施行例が、継続中のもので5例ほどあります。

何れの方もCKやアルドラーゼと言った筋破壊の指標が低下していきます。

これは不思議です。続きを読む

メンテナンスのためのあいうべ体操

「いつまでこの(あいうべ)体操をやった方が良いですか?」

この質問に対する答えは簡単である。

「死ぬまで」

続きを読む

加圧トレーニングとあいうべ体操の共通点

初めて加圧トレーニングに出会ったとき

「これはリウマチ患者さんのリハビリに使える!」

と直感した。そして、その直感は当たり、関節を痛めることなく筋力増強が得られるようになった。

続きを読む

走る看板娘

Uさんは、初診時は杖をついて這々の体で入ってきた(らしい、記憶が曖昧)。

加圧トレーニング、AKA博田法、ゆびのばソックスこの三つどもえにより杖を捨てた。続きを読む

博多残像メンタルトレーニングセミナー

7月10日に高岸弘先生をお迎えして、念願の残像メンタルトレーニングセミナーを開催した。

5年越しほどの夢になるだろうか。足元が悪い中、関東からも駆けつけて下さった方もおられて、みらクリの狭い会場は人で一杯。

P1100893

続きを読む

なぜ加圧トレーニングを勧めるのか

必ずや加圧トレーニングは世界を席巻する、と信じてきたが、着々と現実になりつつある。
この本の執筆者の一人に名を連ねることが出来るのは、本当に誇りに思う。

続きを読む
月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本







QRコード
QRコード