あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を使わない治療を目指す福岡博多の内科クリニックです。息育 足育二つのソクイク。あいうべ体操(口呼吸改善)、ゆびのば体操(足指体操)。

このブログに投票する1 このブログに投票する2

あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰>残像メンタルトレーニング

残像メンタルトレーニング

意図的な弛緩を心がける

人生はあっという間である。お年寄りに確認しても、その御年まで「あっ」という間だったという答えばかりである。

もちろん「あっ」の間には様々な出来事があったであろうことは想像に難くない。続きを読む

決断を忘れないためのR/C/T

慣性の法則とは、「物体は常にその運動を保とうとする」こと。

これは、治療においても言える。その病気の状態に居続けることが、病気における慣性の法則である。

続きを読む

新刊:残像メンタルトレーニング

高岸弘先生の新刊が、ダイヤモンド社から発売される。


集中とリラックスの奥義が公開されている。ソフトカバーで、もちろん残像カードのサンプルも付属。ぜひ購入して欲しい。続きを読む

言うだけなら誰でも出来る。その方法を教えて欲しい。

P1130266さて、病気を治すには”気持ち”や”氣”が問題と言われる。

気の状態で、どんな病気でも治ると、言う人もいる。それはそうだろう。じゃあ、どうやってその気を出すのですかと聞くと・・・難しい。

続きを読む

博多残像メンタルトレーニングセミナー

7月10日に高岸弘先生をお迎えして、念願の残像メンタルトレーニングセミナーを開催した。

5年越しほどの夢になるだろうか。足元が悪い中、関東からも駆けつけて下さった方もおられて、みらクリの狭い会場は人で一杯。

P1100893

続きを読む

高岸弘先生の残像メンタルトレーニングセミナーin博多

2010年7月10日(土) 18時より
残像メンタルトレーニング開発者である、高岸弘先生の残像メンタルトレーニングセミナーをみらいクリニックにて行います(締め切り満員御礼)

ある土曜日

ある土曜日、大林先生(宗像)が来院された。ちょうど昼前の時間だったので

「先生、時間ありますか??聞きたいことが〜」と昼休みをめいっぱい使って討論した(お忙しいのにすいませんでした!)。

こういう時に専門家の意見を聞けるのは役得。
続きを読む

根性論ではうまくいかないことが多い

「病は気から」という、いろいろな解釈が出来るこのフレーズだが、別の視点から考えてみる。

健康なときは、病気になっても「気合いで治す」と豪語していても、いざ本当に体がきつくなると、その気が出てこなくなるからどうしようもない。

しかも出たとしても、それが正しく治癒に導いてくれるものかどうか不明。続きを読む

新橋→船橋→市川

翌朝は、壮快の編集・小川さんと荒井先生と1時間ほど打ち合わせ。

荒井先生は少し遅れて到着だからと、先にタリーズ入ってようと、コーヒーを片手に席を探すと、なんと荒井先生がいた。素晴らしい偶然。足洗や残像などの話をして盛り上がる。

それから船橋へ。
続きを読む

大阪にはよい出会いがあります。残像トレーニング。

P1100570夫婦だけで大阪へ行くというのは、3年ぶりです。

この度は、残像メンタルトレーニングの高岸弘先生にお会いしてきました。

残像トレーニングは、以前から知っていたのですが、なかなか実践する機会が無く、これまでやってきました。

しかしこの度、重い腰を上げて行ってきました。大阪へ。続きを読む
月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本







QRコード
QRコード