あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を使わない治療を目指す福岡博多のクリニックです。息育 足育二つのソクイク。あいうべ体操(口呼吸改善)、ひろのば体操(足指体操)。

このブログに投票する1 このブログに投票する2

あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰>脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

80歳の腰痛は年のせいなのか,職業病なのか!?

後期高齢者ともなると男女問わず何らかの薬を処方されいている人は多いものです。

Sさんもそのお一人、ちょうど齢80にして、喘息、高血圧、軽度心不全、不眠などなどの病名で7種の薬を飲んでいます。

みらクリへいらっしゃったのは「まっすぐ歩けない」「腰が痛くて動けない」という理由。どこに行っても「加齢」「年のせい」と言われてしまいます。MRIで「腰部脊柱管狭窄症」との診断。

ご本人は立ち仕事で一所懸命働いてきたから職業病だと思っているとのこと。
2017-01-27line2

受診の時の姿勢がこちら。背筋が曲がっているのがわかります。続きを読む

変形性股関節症と足指

変形性股関節症と腰痛のため股関節の手術を考えていたところ、「ちょっと恐くなり」、「あまり期待もしないけど治ったらいいな」という気持ちからフットケアセンターを受診されたKさん。

Kさんはカゼを引きやすくすぐに寝込んでしまう、さらに便秘がちという悩みもありました。

左の股関節は変形性股関節症ですが、痛みが治まればまだ手術はしなくても良い程度でした。

股関節を悪くした原因として考えられるのは、内反小趾と仙腸関節炎。これらを改善させなければなりません。

足腰の問題に対処するセルフケアとしてはひろのば体操があります。

IMG_20170125_121956 
こういう足指の「強制的な変形」が足腰を悪くする一因です。
 
続きを読む

卒業生が続きます

最近特に増えてきたのが脊柱管狭窄症でお困りの方です。

手術を勧められているが怖い、薬では改善しないという症状の方はもちろん、術後も痛みが続いて困っているという方も少なくありません。

続きを読む
月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本








QRコード
QRコード