あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を使わない治療を目指す福岡博多の内科クリニックです。息育 足育二つのソクイク。あいうべ体操(口呼吸改善)、ゆびのば体操(足指体操)。

このブログに投票する1 このブログに投票する2

あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰>膠原病

膠原病

プログラフからの離脱

Tさんは、5年前から関節リウマチの治療をしているが、抗リウマチ薬では副作用がすぐに出現するために、現在プログラフという免疫抑制剤を服用している。

みらいシューズで、長時間歩けるようになったため、次は薬を減らしていきたいと、みらクリの方を受診された。続きを読む

あいうべ体操のはじまりは関節リウマチの治療から

膠原病の中でも、患者さんの数が多く、関節の痛みや変形によって悩むことが多いのが、関節リウマチです。

人間本来の鼻呼吸へ戻していくあいうべ体操は、もともと関節リウマチ患者さんの為に始めたことなんです。続きを読む

久しぶりの連絡が。あの時に、加圧と鼻咽腔炎を伝えることが出来れば・・・

ブログではコメント欄を無くしているのですが(新たなコメントを見つけるのが大変なので・・・)、ライブドアのIDを持っていれば、どうやらメールのようなものが遅れる機能が付いているのですね。

最近気がついたのですが、その機能を介して連絡を下さる方がたまにいらっしゃいます。

続きを読む

みらいクリニック臨時診療所

岡山市での公演の後、ありがとうプラザ表町2階で、臨時診療所を開設しました(といってもただの相談会なのですが・・・)

数名の方とお話をさせていただきました。

最初の方は、膠原病と間質性肺炎でお困りでした。出産後の発病で、典型的な口呼吸病と言えます。

続きを読む
月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本







QRコード
QRコード