あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を使わない治療を目指す福岡博多の内科クリニックです。息育 足育二つのソクイク。あいうべ体操(口呼吸改善)、ゆびのば体操(足指体操)。

このブログに投票する1 このブログに投票する2

あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰>関節運動学的アプローチ博田法

関節運動学的アプローチ博田法

エスカレータを探さなくて良くなりました。

「階段が上れるようになったんですよ。しかも、緩やかなところだと、手すりを持たなくても降りれるようになりました」

と喜寿を過ぎたMさん。

と、ここまではみらいクリニックではよくある話。Mさんも様々な医療機関を受診して、脚の痛みの治療をしたけれども、改善せず、わざわざ来院してくださっています。

主治医の先生からは、

「そんな変な治療をしているところには紹介状を書かない」

と言われたそうです。そりゃそうです。紹介する側からすると、そんな靴下で、なんて・・・考えただけでも”恐ろしい”。

でもこうやって、何歳になっても変わっていく、変わっていこうとしている人間の体を見ると、体の潜在能力に驚かされます。

年は関係ありません。Mさんの体が教えてくれます。わずか数ヶ月の間でも、体が少しずつ、でも確実に変わっていっています。

そのうちわざわざ階段を見つけて上るようになってくださると思います。

片足立ちが出来ます

ゆびのばソックスを履いてWiiFitをやるととても安定するという方がおられるお話しをしました。

靴下の効果は片足立ちをするとよく分かります。最近では、片足立ちが短時間しかできない子供が増えてきて、バランス感覚の衰え、体力低下が言われています。

「先生、靴下を履き始めて片足立ちが出来るようになったんですよ」

こういわれました。

Gさんは、AKA−博田法で痛みの治療のために来院されていますが、同時にゆびのばソックスで足下強化につとめています。

AKA−博田法でも治らない頑固な痛みって結構あるのですが(あるいは痛みを繰り返す状態)、これにゆびのばソックスを加えると、痛みが軽くなったり、効果が持続したりすることが多くなります。

ゆびのばソックスとAKA−博田法、ゆびのばソックスと加圧トレーニング、みらいクリニックではこの組み合わせがデフォルト(標準)です。


これ以外はありえない!!


ってくらいですね。

そうやっていくと、体がきちんと変わっていきます。

片足立ちなんて普通はしませんから、ふとした拍子に変化に気づくことになります。バランスが良くなり、筋肉の付き方が変わってきた証拠です。

また体の重心が前方へ移動してきているので、姿勢も良くなります。

ぜひ試してみてください。

月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本







QRコード
QRコード