あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰

薬を使わない治療を目指す福岡博多のクリニックです。息育 足育二つのソクイク。あいうべ体操(口呼吸改善)、ひろのば体操(足指体操)。

このブログに投票する1 このブログに投票する2

あいうべ体操・ゆびのば体操の「みらいクリニック」院長 今井一彰>鼻呼吸

鼻呼吸

病気にかかりやすい子は、、、(常滑講演)

常滑にて口呼吸予防の講演してきました

 2017年3月11日の夜常滑市にあります常滑イオンのイオンホールにてidentalクリニック様主催の講演会に呼ばれて行ってきました 。

 identalクリニック院長の井上先生は歯科医師として三代目、常滑市内で活躍しています(ななななんと、創業100年!!)

このidentalクリニックは小児の矯正専門で保険診療を行わない完全自費診療のクリニックです。

 それでも皆さん方がたくさん訪れているということです 。井上先生が患者さんが誰からとても信頼されている証拠ですね。


 私は子供たちの口呼吸をいかに改善するか、そして口呼吸をどうやって予防するのかという内容で1時間ほどの講演をしました。もちろん「あいうべ体操」ですね。

 スライド6
続きを読む

弟子を取りました。

治療は医者しか出来ない
しかし
予防は誰でも出来る

ということで、口呼吸改善の「あいうべ体操」を私の公認で語ってくれる人たちに弟子入りしてもらいました。

昨年末からミーティングを重ねていました。

今回、岐阜県坂祝町の講演にも同行(坂祝中学と坂祝町社協の二つ)。
名古屋駅から新鵜沼までの列車内でもプレゼン方法や講演内容についてのレクチャーをしました。

received_866028553538303

これは坂祝中学校でみんなで写真撮影したところ。

これからますます内容を洗練させていきます。

私の代わりに鼻呼吸の大切さを伝えてくれる人たちをドンドン増やしていきますよ〜〜〜
 

一個人2017年2月号 自律神経特集

一個人2017.02号にあいうべ体操、口呼吸について掲載されました。

自律神経特集です。
自律神経は、自分ではコントロールできませんが、呼吸や温めることなどで一部はコントロールできます。

中でもヒトの呼吸は、二重支配といって自律神経と随意神経(自分の意志で動かせる)でコントロールされていますから、大変重要なのです。

この極意を知ると、元気な体を維持できます。

 
EPSON001-COLLAGE

続きを読む

第一回笑福セミナー in 熊本

歯ッピーかむかむひごまる協議会主催で熊本市で行われたセミナーに講師として参加しました。
写真は、食育落語の福福亭金太郎さん。


P7030108
続きを読む

鼻呼吸を日本の文化に

先日、宗像セミナーの際に、医事新報社の取材も同時に受けた。

なんでも、”若手”医師の取材だそうで、それだけでもありがたい。

ちなみに若手とは40歳まで、としていたそうで(あくまでも企画上)、何とかぎりぎりセーフ。続きを読む

1/22(土曜日) 17:00〜長崎市にて

長崎市歯科医師会のお招きで「ベロを伸ばして人間本来の鼻呼吸へ 口のあいうべ体操」の講演をいたします。
 
参加対象は歯科医師会員ですが、医師やスタッフの方々も参加可能とのこと。

ご興味のある方は、長崎保険医協会までお問い合わせください。

専門家向けの内容です。 

セミナーの参加ありがとうございました。

DSC02027 (1024x768)足下が悪い中、大勢の方に集まっていただきました。ありがとうございました。

主催された、大林京子先生(大林歯科医院)、佐藤弘記者(西日本新聞)の情熱でした。スタッフの皆様も大変お疲れ様でした。 続きを読む

あいうべ体操は、すごか!

九州の非接触式カードはsugocaである。

私の定期券もsugocaである。これが、東京でも使えるのであるが、JRと東京モノレールのみ。地下鉄には使えない。だから、SUICAで移動する。

あまりすごくない。

続きを読む

あいうべ係誕生

南島原市立口之津小学校・福田泰三先生のクラスでは、新聞記事を使ったおもしろい授業をしている。

食の大切さを児童が自分たちで勉強して、そこから関連する様々な問題について発表していくのだ。続きを読む

筑後川温泉病院でのセミナー

以前、あいうべ体操の後援会に来ていただいた数少ない医師のN先生の発案で筑後川温泉病院にて1時間ほどであったが、あいうべ体操の説明を行った。

もし、効果がありそうだったら、お年寄りの多い病棟にて、継続してやってもらって、風邪や肺炎、誤嚥などの変化を見てみようという取り組みだ。続きを読む
月別アーカイブ
メルマガ登録

院長執筆の本







QRコード
QRコード